« ドイツ文化とドイツ・朱色の塔 | トップページ | ドイツ語・黄昏の旅路 II »

2017年8月10日 (木)

ドイツとドイツ語・旅路の終わりに

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。機能的な小都市が多いドイツですが、ベルリンがやはり大都市であらゆる文化の発信基地としての先端性を持っています。

これまで訪れたドイツの街々でいまでも心の中にあるのは、やはりベルリンですね。音楽家の仲間や知り合い、仕事仲間も多く、日本人も多く見かけますが、何よりもヨーロッパの前衛芸術の先端を担うリーダー的な存在としても刺激的な場所となっています。ドイツの旅で忘れられないのが、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、過去に5回リーグ制覇しているボルシアMGボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Mönchengladbach) などのチームがあります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言葉です。



« ドイツ文化とドイツ・朱色の塔 | トップページ | ドイツ語・黄昏の旅路 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/71378631

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツとドイツ語・旅路の終わりに:

« ドイツ文化とドイツ・朱色の塔 | トップページ | ドイツ語・黄昏の旅路 II »

無料ブログはココログ