« ドイツ語・黄昏の旅路 II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・契機と発展 »

2017年8月13日 (日)

独逸・情熱の旅路

ドイツでは旅の想い出など、結構語り尽くせないものがあります。ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。フランクフルトは旧西ドイツの空の玄関として長い歴史を持っています。またフランクフルト・ソーセージでも名前はお馴染みですね。

ドイツの都市で感慨深いところのひとつは、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。ドイツの旅の想い出としては、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっている品格のある豊かな言葉です。



« ドイツ語・黄昏の旅路 II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・契機と発展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/71403894

この記事へのトラックバック一覧です: 独逸・情熱の旅路:

« ドイツ語・黄昏の旅路 II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・契機と発展 »

無料ブログはココログ