« ドイツ連邦共和国・青春の旅路 | トップページ | ドイツ連邦共和国・青春の光と影 II »

2017年8月 3日 (木)

ドイツ・遥かなる思い出 II

ドイツにいつの間にか憧れを持ち、その幾つかに実際触れることが出来ました。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツの都市で感慨深いところのひとつは、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ライブチヒ聖トーマス教会のカントルとして大先輩バッハの作品を呼び起こすなど、教会音楽家としてまた作曲家として名声を残しています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言葉です。

ドイツ語をマスターする秘訣

« ドイツ連邦共和国・青春の旅路 | トップページ | ドイツ連邦共和国・青春の光と影 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/71320105

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・遥かなる思い出 II:

« ドイツ連邦共和国・青春の旅路 | トップページ | ドイツ連邦共和国・青春の光と影 II »

無料ブログはココログ