« ドイツ連邦共和国・青春の光と影 II | トップページ | Deutschland・伝統と革新 »

2017年8月 6日 (日)

ドイツ・遥かなる哀愁 II

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。バイエルン州の州都ミュンヘンは有名な自動車メーカーBMWやブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンで印象深い都市名です。

ドイツで最も好きな都市の一つになるのは、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。ドイツ旅行の貴重な体験としては、リューベックへ向かうコペンハーゲン行きの特急列車の中で聞こえてきたデンマーク語の独特の響きが強烈な印象となって残っています。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV Munchen von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっている品格のある豊かな言葉です。



« ドイツ連邦共和国・青春の光と影 II | トップページ | Deutschland・伝統と革新 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/71339178

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・遥かなる哀愁 II:

« ドイツ連邦共和国・青春の光と影 II | トップページ | Deutschland・伝統と革新 »

無料ブログはココログ