« ドイツとドイツ語・旅路の終わりに | トップページ | 独逸・情熱の旅路 »

2017年8月11日 (金)

ドイツ語・黄昏の旅路 II

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツはもともと地方分権国家で特色ある小都市が数多くあります。ミュンヘンはバイエルン州の州都でもあり旧バイエルン王国の伝統を色濃く受け継いでいる傑出した南ドイツの都市です。

ドイツでもわりと思い出深い都市のひとつは、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、旧東ベルリンのシェーネフェルト空港に降りた時です、夕方遅くで西ベルリンに行くタクシーがないのに驚いた覚えがありました。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、過去に5回リーグ制覇しているボルシアMGボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Monchengladbach) などのチームがあります。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言語です。



« ドイツとドイツ語・旅路の終わりに | トップページ | 独逸・情熱の旅路 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/71387243

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・黄昏の旅路 II:

« ドイツとドイツ語・旅路の終わりに | トップページ | 独逸・情熱の旅路 »

無料ブログはココログ