« ドイツ・遥かなる思い出 II | トップページ | ドイツ・遥かなる哀愁 II »

2017年8月 5日 (土)

ドイツ連邦共和国・青春の光と影 II

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

ドイツでもわりと思い出深い都市のひとつは、バルト海に近いリューベックですオーストリアのザルツブルクを早朝に発ち、列車で夕刻にたどり着き、用事を済ませてその足でフランクフルトに向かった想い出があります。いこのかつてのハンザ同盟として栄えた小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、シューマンを忘れてはいけないでしょう。精神病の疑いもあったシューマンですが、その作品は透明、純粋な発想にあふれた情緒的や幻想的な作品も多く、ロマン派の代表的な作曲家に挙げられています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、過去に5回リーグ制覇しているボルシアMGボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Monchengladbach) などのチームがあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的な言葉です。



« ドイツ・遥かなる思い出 II | トップページ | ドイツ・遥かなる哀愁 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/71337648

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・青春の光と影 II:

« ドイツ・遥かなる思い出 II | トップページ | ドイツ・遥かなる哀愁 II »

無料ブログはココログ