« BRD・明日への旅路 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・青春の旅路 »

2017年8月 3日 (木)

Deutschland・黒い猫

ドイツとの関係はわりと長く数々の思い出もあります。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。ベルリンがやはり現在のドイツの首都として、また激動の20世紀ヨーロッパの象徴としてまず挙げられます。

ドイツの旅行の記憶で時々フラッシュバックする光景の一つは、やはりベルリンですね。音楽家の仲間や知り合い、仕事仲間も多く、日本人も多く見かけますが、何よりもヨーロッパの前衛芸術の先端を担うリーダー的な存在としても刺激的な場所となっています。ドイツの旅で忘れられないのが、旧東ベルリンのシェーネフェルト空港に降りた時です、夕方遅くで西ベルリンに行くタクシーがないのに驚いた覚えがありました。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。



« BRD・明日への旅路 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・青春の旅路 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/71315653

この記事へのトラックバック一覧です: Deutschland・黒い猫:

« BRD・明日への旅路 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・青春の旅路 »

無料ブログはココログ