« ドイツ・明日への旅立ち | トップページ | ドイツ語・苦境を乗り越えて II »

2017年7月 4日 (火)

ドイツ連邦共和国・外なる同胞

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。ミュンヘンはバイエルン州の州都でもあり旧バイエルン王国の伝統を色濃く受け継いでいる傑出した南ドイツの都市です。

これまで訪れたドイツの街々でいまでも心の中にあるのは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ語の魅力

« ドイツ・明日への旅立ち | トップページ | ドイツ語・苦境を乗り越えて II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/71044257

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・外なる同胞:

« ドイツ・明日への旅立ち | トップページ | ドイツ語・苦境を乗り越えて II »

無料ブログはココログ