« ドイツ語とドイツ文化・黒い猫 | トップページ | ドイツ連邦共和国・紫の小花 »

2017年7月11日 (火)

ドイツとドイツ語・苦楽と歓喜

ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。旧西ドイツの首都ボンは小さな町ですがベートーヴェンの生まれた町としても知られており、地方分権制ドイツの象徴でもあると思います。

ドイツでの記憶の断片から蘇る場所のひとつが、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、近年R.シュトラウスも注目されています。器楽曲などではブラームスに近いロマン派的作品を残していますが、彼の真骨頂は交響詩と云う分野を確立させたところですね。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg)があります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的な言葉です。



« ドイツ語とドイツ文化・黒い猫 | トップページ | ドイツ連邦共和国・紫の小花 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/71102198

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツとドイツ語・苦楽と歓喜:

« ドイツ語とドイツ文化・黒い猫 | トップページ | ドイツ連邦共和国・紫の小花 »

無料ブログはココログ