« ドイツ連邦共和国・外なる同胞 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・黒い猫 »

2017年7月 5日 (水)

ドイツ語・苦境を乗り越えて II

ドイツとの関係はわりと長く数々の思い出もあります。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。ミュンヘンはオリンピックシティでもあり悲しい事件もありましたが、オクトーバーフェストはビール好きにはたまらない魅力のある都市です。

ドイツでもわりと思い出深い都市のひとつは、やはりベルリンですね。音楽家の仲間や知り合い、仕事仲間も多く、日本人も多く見かけますが、何よりもヨーロッパの前衛芸術の先端を担うリーダー的な存在としても刺激的な場所となっています。ドイツの旅で忘れられないのが、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言語です。



« ドイツ連邦共和国・外なる同胞 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・黒い猫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/71049096

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・苦境を乗り越えて II:

« ドイツ連邦共和国・外なる同胞 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・黒い猫 »

無料ブログはココログ