« ドイツ連邦共和国・紫の小花 | トップページ | ドイツ・未知なる郷愁 »

2017年7月12日 (水)

Deutschland・遥かなる想い II

ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。バイエルン州の州都ミュンヘンは有名な自動車メーカーBMWやブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンで印象深い都市名です。

これまで訪れたドイツの街々でいまでも心の中にあるのは、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言語です。



« ドイツ連邦共和国・紫の小花 | トップページ | ドイツ・未知なる郷愁 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/71119308

この記事へのトラックバック一覧です: Deutschland・遥かなる想い II:

« ドイツ連邦共和国・紫の小花 | トップページ | ドイツ・未知なる郷愁 »

無料ブログはココログ