« ドイツ文化・前進と停滞 | トップページ | ドイツ連邦共和国・実存と重厚さ II »

2017年6月27日 (火)

ドイツ語とドイツ文化・情熱の旅路

ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。バイエルン州の州都ミュンヘンは有名な自動車メーカーBMWやブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンで印象深い都市名です。

ドイツでもわりと思い出深い都市のひとつは、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。ドイツの旅で忘れられないのが、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本人ブンデスリーガの魁奥寺康彦氏の所属していた1FCケルン(現在2部リーグ)などの伝統的チームもあります。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的言語です。



« ドイツ文化・前進と停滞 | トップページ | ドイツ連邦共和国・実存と重厚さ II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/70974340

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・情熱の旅路:

« ドイツ文化・前進と停滞 | トップページ | ドイツ連邦共和国・実存と重厚さ II »

無料ブログはココログ