« ドイツ連邦共和国・実存と重厚さ II | トップページ | ドイツ・明日への旅立ち »

2017年6月29日 (木)

BRD・わが心の春 II

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツには魅力あふれる都市が多くそれぞれに深い歴史があります。デュッセルドルフは日本人が多い町として有名です、ドイツ進出の日本企業の総本山的な役割の都市として挙げられます。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、ソーセージスタンドの巨大ソーセージ、ホットドッグもありますが地元の人が食べるのはロングウィンナー、パンの切れ端みたいなので挟んで持って豪快に食べます。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。



« ドイツ連邦共和国・実存と重厚さ II | トップページ | ドイツ・明日への旅立ち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2120398/71000184

この記事へのトラックバック一覧です: BRD・わが心の春 II:

« ドイツ連邦共和国・実存と重厚さ II | トップページ | ドイツ・明日への旅立ち »

無料ブログはココログ